大瀧 冬佳

団長・ダンサー

5歳よりクラシックバレエをはじめる
12歳よりカヨマフネに師事、同年千葉シティジュニアバレエ団入団
日本バレエ協会全国合同公演、埼玉舞踊コンクール、NBAバレエコンクール出場、日中友好バレエ公演出演など多数の舞台経験を経る
17歳、英国ロイヤルバレエ団スカラシップ賞獲得

20歳から
JAZZ 3年
HIPHOP 2年
コンテンポラリー 2年
など他のジャンルを学ぶ

25歳 ダンサー/バレエ講師として独立
阿波踊り創作舞踊集団「寶船」劇場公演をはじめ年間50ステージ出演
26歳 大瀧冬佳主宰ダンスカンパニーUzmeを設立、プレ公演を開催
27歳 ダンスカンパニーUzme旗揚げ公演「Mao」を上演

現在は、母親、ダンサー、経営者として3つの顔を持ちながら、よりアーティストが表現活動で食べていける社会を目指し活動している。
今後、社会に見離された子供達にアートで生きる力や希望を与えられるような循環が起こることを目指している。

一緒に踊ってみませんか?

ハイクオリティなものを提供するためのオープンクラス制の合同稽古に加え、観客まで自分たちの作ったものをちゃんと届けられる職業としてのアーティストコミュニティです。

詳しい情報